いつでもぱちぱち☆そろばん日記

ぐるーぷ珠希&ぱちぱちくらぶのそろばん授業の記録

9月授業スタート!&東京オリンピック・パラリンピック閉幕

f:id:soroban-tamaki:20210907230031j:plain

8月終わりから、9月最初の1週間は毎日雨、雨、雨。授業の終わりに急なゲリラ豪雨のようになってびっくりした日もありました。気温もぐんと下がって、急に長袖を引っ張り出した人も多かったですね。(先生も)急な気温の変化にうっかりくしゃみが出たりすると「コロナかも?」とドキドキ。体調を崩さないようにしましょうね。

そして、パラリンピックの閉会式が5日に行われ、東京オリンピックパラリンピックが全て終了しました。東京での開催が決まったのは2013年9月7日。ちょうど今日から8年前ですね。何だか長い長い日本の宿題が終わったような気分になります。次の開催地、パリで行われる3年後には、コロナも収束し普通に人々が行き交うことが出来る世界になると良いですね。

し。か。し。
今はまだまだ収束の気配がなく、2学期の開始とともに市内の小中学校での感染も相次ぎ、感染予防のため午前中のみの4時間授業が続いています。コロナによる学年閉鎖、学級閉鎖もあるようです。
教室の授業は今のところ通常通りですが、感染予防のため、PCを共用するフラッシュ暗算の練習はしばらく休止としました。また、秋の体験学習も緊急事態宣言中は延期し、希望者は解除後に様子を見ながら徐々に再開とさせていただきます。
今はとにかく10月珠算検定受験者が無事に受験出来るようにと願い、出来る範囲でしっかり練習していくしかありません。
不安な中での9月授業スタートですが、やるべきことをしっかり積み重ねていきましょう。

東京オリンピックは終わりましたが、教室のそろばんオリンピックカードはまだまだ絶賛進行中。あ、ついにゴールインも誕生しました~~~!!!(#^^#)今年はサマースクールなど特別授業の開催がなかったので、のんびりペースになってしまい、なかなかゴールが遠かったのですが、良かったです。本部のHKさん(小4・6級)と、みのりのYMくん(小1・6級)が今週ついに裏面の金メダル達成、おめでとうございます!
「え~まだまだ遠いよ」
と、言う人もあきらめず頑張ろうね。
オリンピックは最後までやり遂げることが重要ですよ。

そうそう、会場の都合で延期していた、あすなろのお楽しみ授業「花コマ作り」も無事に開催出来ました。自分のコマが回った瞬間に「わ~っ!」とみんな大喜び。外は雨でも、教室の中では色とりどりのコマが、回って華やかでした。

そろばんカレンダー(2021年9月)

f:id:soroban-tamaki:20210830233226j:plain

いつもは楽しい行事いっぱいでワクワクの2学期も、コロナ感染拡大の影響があり、学校生活や保育活動もさまざまな制限の中でのスタートとなりました。もはや「いつも」やっていたことがどんなだったのか、思い出せなくなりそうです。でも、そんな中でも工夫しながら日々を楽しむこと、何かに挑戦する意欲を持つことは忘れずにいたいですね。教室では引き続き感染予防を心掛けながら、それぞれの目標に向けて頑張るみんなを応援していきます。

【今月の予定(全教室共通)】
■1~4日:夏のそろばん記録会①(10級以上)
      ぬりえ(幼児・小1)
■3日より:がんばりカードカタログ交換開始(20点以上希望者)
■6~11日:夏のそろばん記録会②(10級以上)
       そろばんジュニア検定(小学生/11~20級)
       日商珠算検定申込〆切(9級以上)
■13~18日:アバカスサーキット本戦(準3級以上)
        がんばりカードカタログ交換〆切
■20・23日:祝日のため休み
■21日以降:夏のそろばん記録会順位発表(10級以上)
       ジュニア検定成発表
■24日以降:がんばりカード10枚交換
■27~2日:模擬検定(9級以上)

※みのりは毎週火曜日・あすなろは毎週水曜日・本部は毎週木・金・土曜日に通常授業
※各曜日の月最後の授業にてがんばりカード10枚交換
(20枚以上は3・9月に交換)

【自由練習(本部)】
■29日(日)①9:45~10:45 ②11:00~12:00
       ※③1:15~2:15
※コロナ感染予防のため、各クラス定員10名・いずれか1クラスの出席とさせていただきます。
※当日は必ずマスクをご持参ください。
※③は①②が満席になった場合の予備クラスとします。
※希望者は申込書提出、または公式LINE・メールにて申込してください。

日商簿記2級合格!

f:id:soroban-tamaki:20210822181316j:plain

ほとんどの生徒がみんなのんびり過ごしていたお盆休みの8月13日、ある検定試験に挑戦の高校生がいました。本部の高校3年生SS
さん。受験した試験は、日商簿記2級ネット検定試験です。これが初めてではなく、7月から何度か挑戦してきた難関の試験。「夏休み中に必ず合格する」という強い意志の元、挑戦を繰り返してきました。そして5度目の挑戦で、ついに念願の日商簿記2級合格!高校生、しかも授業に簿記がある商業高校ではなく普通高校の生徒が難関突破という、すばらしい快挙となりました。

さて、ここで疑問の人もいることでしょう。
「簿記2級はそんなに難しいの?」と。

簿記検定は日本商工会議所検定の中でも人気ナンバーワンの資格。1・2・3級、および簿記初級、原価計算初級の5つの試験があります。簿記2級のレベルは「経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。 高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。」となっています。
もうこれだけで何やら難度の高さが伝わりますが、最近の傾向として、3級までは合格しても、ひとつ上の2級はありえないほど難易度が高くなり、ネットで「日商簿記2級」と検索すると「簿記2級 難しすぎる」「簿記2級 受かる気がしない」などの後ろ向きな単語がセットになっているほど(笑)
本当に難しい。この一言に尽きる試験です。

問題の難易度もそうですが、出題が施行回により鬼レベルに難しく、見たこともない問題が並ぶことがあり、受験者泣かせ。

そんな試験にSSさんが挑戦を始めたのが、高1の終わり。11月検定で順調に3級を合格してスタートした勉強ですが、その年度の終わりからコロナによる休校、初の緊急事態宣言による大混乱があり、長期間の中断となってしまいました。その後、オンラインでの授業で勉強を継続したものの、こちらも慣れずになかなか上手く進まず、ようやく今年の初めから教室での本格的に授業再開。そこからは本当に日々教える方も教わる方も必死で、最後の追い込みとなった休日には5時間連続でやる日もありました。

教える私の方も、これまで3級まではぼちぼちと教えていましたが、2級の指導は10年以上やっていなかったため、その間に試験範囲も広がり、時代に合わせた内容も増えてしまいました。さらに、ネット試験になって制限時間が90分になる、というとんでもない改定の嵐。さらには、ペーパー試験では認められていたそろばんが使えないことも直前に判明(これ、絶対におかしい)し、さんざんな受験環境でした。しかし、そんな苦難も「暗算でやるから大丈夫」と、屈せずに挑戦を積み重ね、ついに手に入れた大金星。おめでとうございます!間違いなくこの夏の金メダルです!!!

写真はこの受験までにやりこんだ2・3級のテキストの山です。たくさんつけられた付箋が、本人の努力の証ですね。
困難があっても「意志あるところに道は開ける」、何かにくじけそうな時には、この写真をぜひ思い出してください。自分の目標に向かい限界まで努力すること、その覚悟を持った時に必ず道は開けます。